かれんさん

女優・タレントになりたい!
小さい頃からの夢を叶えるため活動中です!

 日本一かわいい女子高生を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2020」で、福島県エリアの代表(セミファイナリスト)に選ばれた鏡石町在住の現役女子高生・かれんさん。子どもの頃からの夢を追いつづけるかれんさんに直撃インタビューしました。
 

── ミスコンに応募したきっかけは?

 お母さんが「出てみたら?」と言ってくれたことがきっかけです。小学生の頃から女優になることが夢だったんですが、高校生で活動できる機会は少ないし、せっかくだからやってみようと思って挑戦しました。
 応募数は1万人を超えていたし、選考もweb投票だったので、友達にはあまりオープンにしないで淡々と過ごしていました。でも、まさかの福島代表!選ばれた時は、やっぱり嬉しかったです!

── 夢を持つきっかけは?
 どんな女優をめざしてる?

 小学1年の時に東日本大震災があって、2~3年生の2年間は神奈川県で暮らしました。その転校先の学校でミュージカルのチケットをもらって観たのが、劇団四季のキャッツ。子ども心にすごく励まされて、ミュージカル女優になりたい!と思ったのが最初です。
 そのうちに、だんだんドラマの俳優さんもいいかなと。いまは有村架純さんや永野芽衣さんが目標です。2人とも演技が細かくて人柄は穏やか。ドラマを観るたびにスゴイなぁって思います。

── 将来、芸能界へ進むための活動はもう始めてる?

 インスタグラムやティックトックを見た芸能プロダクションの方から「オーディションを受けてみないか」と声をかけてもらったで、時々、挑戦しています。それから、女子高生ミスコンの担当者にも他のプロジェクトに応募しませんか、とお誘いをいただいています。
 高校卒業後は、ちゃんと演劇の勉強をして芸能界へ入りたいので、芸術学部のある大学へ進学できたらと思っているんですけど、勉強が苦手で…。もう少しがんばらないとダメかな~

── いままで何人に告白された?好きな男の子のタイプは?

 8人くらい?告白されたのは、高校1年生の時がピークでした。いまは出会いがなくて彼氏はいません。
 タイプは年上で、顔は可愛い系。それで、中身は男っぽい人。ジャニーズなら伊野尾くんみたいな。

── いま、ハマっていることは?

 作詞作曲です。エレクトーンを習っていたこともあって、自分で歌詞を書いて、リズムやメロディーをつけて、できた曲をよく部活の友達と歌ったりします。
 私はいま、郡山市の高校に通っていて、ハンドボール部でキーパーをやってます。カラダを動かすのも得意。だから、歌もダンスも大好き!

── 地元でオススメのお店や好きなモノ、逆に苦手なことを教えて。

 オススメは、須賀川にあるパン工房カギセイのメロンパン!すごくおいしいけど、人気があってすぐになくなっちゃう。
 苦手なモノは、生クリームです。意外に思われるみたいで、よく男子には「かれんはクレープばかり食べてそう」と言われるけど、食べない(笑)。ケーキとかプリンとか、甘すぎるのが苦手なんです。チョコレートならビターが好きで。でも、カギセイのメロンパンは別です!
 

 「夢が叶うように一所懸命がんばります。地元の皆さんにもたくさん応援してもらえ
たら嬉しいです!」とメッセージをくれたかれんさん。将来、鏡石町から大女優が誕生するかもしれません!今後の活躍に期待しましょう!

 

◆[プロフィール]
かれん
2003年8月 鏡石町在住
小学1年生の3月に東日本大震災を経験し、神奈川県横浜市で小学3年生まで過ごした後に帰郷。鏡石町第一小学校・鏡石中学校出身。
日大東北高校在学中。
日本一かわいい女子高生を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2020」で全国のセミファイナリス100人に選ばれる。
北海道・東北エリアの福島県代表。
 
Tiktokで要チェック!

〈tiktok〉
 @pink.cha.24

〈Instagram〉
 kumakare24
 
 

前の記事

中畑 清さん